審査員紹介

  • 審査員長
  • 杉山知之
  • Tomoyuki Sugiyama
  • デジタルハリウッド大学 学長/工学博士

1954年東京都生まれ。87年よりMITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。90年国際メディア研究財団・主任研究員、93年 日本大学短期大学部専任講師を経て、94年10月 デジタルハリウッド設立。2004年「デジタルハリウッド大学院」を開学。翌年、「デジタルハリウッド大学」を開学し、現在、同大学・大学院・スクールの学長を務めている。2011年9月、上海音楽学院(中国)との 合作学部「デジタルメディア芸術学院」を設立、同学院の学院長に就任。福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議会長、内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会委員を務め、また「新日本様式」協議会、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会など多くの委員を歴任。99年度デジタルメディア協会AMDアワード・功労賞受賞。
著書は「クール・ジャパン 世界が買いたがる日本」(祥伝社)、「クリエイター・スピリットとは何か?」※最新刊(ちくまプリマー新書)ほか。

  • 石戸奈々子
  • Nanako Ishido
  • NPO法人CANVAS理事長/株式会社デジタルえほん代表取締役
  • 慶應義塾大学准教授

東京大学工学部卒業後、マサチューセッツ工科大学メディアラボ客員研究員を経て、子ども向け創造・表現活動を推進する NPO「CANVAS」を設立。これまでに開催したワークショップは 3000回、約35万人の子どもたちが参加。実行委員長をつとめる子ども創作活動の博覧会「ワークショップコレクション」は、2日間で10万人を動員する。
その後、株式会社デジタルえほんを立ち上げ、えほんアプリを制作中。総務省情報通信審議会委員、デジタル教科書教材協議会理事などを兼務。著書に「子どもの創造力スイッチ!遊びと学びのひみつ基地 CANVASの実践」、「デジタル教育宣言 スマホで遊ぶ子ども、学ぶ子どもの未来」、「デジタル教科書革命」など。デジタルえほん作家&一児の母としても奮闘中。

  • 谷本有香
  • Yuka Tanimoto
  • フォーブス ジャパン副編集長 兼 WEB編集長

証券会社、Bloomberg TVで金融経済アンカーを務めた後、2004年に米国でMBAを取得。その後、日経CNBCキャスター、同社初の女性コメンテーターとして従事し、2011年以降はフリーのジャーナリストに。これまでに、トニー・ブレア元英首相、ハワード・シュルツ スターバックス会長兼CEOをはじめ、1,000人を超える世界のVIPにインタヴューした実績あり。また、テレビ朝日「サンデースクランブル」のコメンテーターはじめ多数のテレビ番組に出演、現在は、日経CNBC「夜エクスプレス」のアンカー、インターネットTV「AbemaPrime」のコメンテーターを務めるほか、メディアへのコラム寄稿、経済系シンポジウムのモデレーター、企業のアドバイザーとして活動。2016年4月より跡見学園女子大学兼任講師就任。
著書は「アクティブリスニング なぜかうまくいく人の「聞く」技術」(ダイヤモンド社)、「世界トップリーダー1000人が実践する時間術」(KADOKAWA/中経出版)ほか。

  • 田村哲也
  • Tetsuya Tamura
  • チームラボ取締役

青森市出身。東京工業大学 大学院理工学研究科 機械制御システム工学専攻修了。大学では、バックステッピング法による浮遊リンクの姿勢制御を研究。主に、新技術の研究開発を担当。
チームラボは、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を曖昧にしながら活動している。

  • 中澤仁
  • Jin Nakazawa
  • 慶應義塾大学環境情報学部准教授、博士(政策・メディア)

1975年東京都生まれ、慶應義塾大学環境情報学部准教授、博士(政策・メディア)。慶應義塾大学総合政策学部在学中にプログラミングの楽しさに取り憑かれ、 パソコン、スマートフォン、家電機器、AV機器、住宅機器、ウェブなどいろいろなモノを(研究で)プログラムしているうちに今に至る。研究室では、ユビキタスコンピューティング環境のためのネットワークおよびシステムソフトウェア研究開発を行なう。また、慶應大学SFC主催の「スマホ未来コンテスト」を企画。

技術審査員

実装力審査について、技術審査員2名にご協力いただきます。

  • 神田 大佑
  • Daisuke Kanda
  • 株式会社パワーハウス
  • ビジネスソリューション部 課長
  • 安達 秀和
  • Hidekazu Adachi
  • 株式会社パワーハウス
  • ビジネスソリューション部 テクニカルアドバイザー

司会者

  • アメリカザリガニ 平井 善之
  • Yoshiyuki Hirai

漫才師「アメリカザリガニ」のボケ担当。実力派漫才師として活動する一方で、ゲーム実況・動画配信なども人気があり、ゲーム番組やイベントのMCとして多数出演中。
また、クリエイターとしても活動しており、2012年にはゲームソフト「レンタル武器屋deオマッセ」(レベルファイブ)を制作。他にもアプリゲームの制作、漫画家「ザリパイ先生」として集英社「最強ジャンプ」でも連載を持つなど幅広く活動中。現在の主な出演に、NHK「生活笑百科」、NHKBSプレミアム「ワラッチャオ!」(声優出演;ハヤブチャオー) など

  • 清水 麻美子
  • Mamiko Shimizu

GBA「ロックマンEXE」地区予選〜全国大会MC、PS2版 ドラゴンクエストⅤ〜天空の花嫁 発表記念セレモニー、逆転裁判オーケストラコンサート、ジョジョの奇妙な冒険25周年パーティーなど司会者として従事。
「2回目のアプリ甲子園に全力投球します!」